話しのつかみにも

名刺おやこ名刺を使う機会としては、さまざまな場面が考えられます。自己紹介ということが重要になってきますが、住所を教えたいというときにも、利用することができるでしょう。おやこ名刺を渡すだけで、住所とともに連絡方法もわかりますし、メールアドレスなども教えることができます。いちいちメモを取って話をしていたことが、これだけで終わるのですから、とても大きなツールになってくれます。

こども同士が仲良かったとしても、親が誰なのかよくわからないこともよくあるはずです。そういったきっかけにもつながってくるのですから、大きな役割を果たしてくれます。SNSなどは一般的になりましたが、どうやって検索するのか、その方法から問題になってしまうことも出てきます。そんな時でも、おやこ名刺があれば、細かなところまで伝えていくことができるでしょう。話も盛り上がるきっかけにすることができるのですから、デザインなども考えておくことがポイントです。話のつかみということでは、ビジネスでも親御さんの間でも、名刺は大事な橋渡しになってくれます。

便利なだけに、渡すときにはTPOを考えるということも必要です。だれもが持っているものではありませんし、ビジネスの場ではそぐわないデザインにもなることがありますので、雰囲気を見て使っていきましょう。

 

同級生の名刺を保管しています。

中学校の同級生が現在ある居酒屋でお仕事をしています。この同級生の名刺を以前もらいました。この名刺は、自分がとても大切にしているお財布の中に入れています。この名刺には、居酒屋の名前や住所、または電話番号が記載されています。また、この名刺の裏には、営業時間も印刷されています。以前同級生に用事があった時には、この名刺を見て居酒屋に電話をかけました。

同級生がお仕事をしている居酒屋へは、しばらく行っていません。以前この同級生がお仕事をしている居酒屋が掲載されている広告を見たことがあります。とても素敵な居酒屋ですので、また行きたいなと思いました。この名刺は、メモを書いた紙と一緒にお財布の中に保管しています。この紙には、居酒屋のメニューが記載されています。同級生が実家から比較的近い場所にある居酒屋でお仕事をしている、ということがとても嬉しいので、この紙も大切に保管しています。久しぶりにこの居酒屋へ行って同級生と楽しく過ごしたいな、と思いました。

 

名刺交換がいまだに苦手です

初めて自分の名刺を手にしたのは、大学卒業後に正社員として入社した会社で新入社員のときでした。会社名、所属部署とともに自分の名前が記載されている、それを見て、自分が社会人になったんだということを、改めて強く実感したのをよく覚えています。それからは、お店で見かけて一目ぼれして購入した、シンプルですっきりしたアルミ製のカードケースに入れて、通勤用バッグに携帯するようにしていました。

ただ、私は内勤業務を主に担当していたため、取引先の方など、外部の方と仕事で関わる機会がとても少なかったため、せっかく持ってはいたものの、出番はとても少ないものでした。たまに交換する機会に見舞われると、慣れていないため、その動作が、ぎこちなくて格好悪くて・・・、恥ずかしかったものです。それに、出番がなく使わずに、ずっとカードケースに入れたままバッグに入れっぱなしにしておくと、紙の縁や角がずいぶん汚れてしまったりして、劣化してしまうんですよね。誰かと交換する前に破棄してしまったりしたことも多くて、バッグに携帯しておかないほうが良いのかな?と、残念に思っていました。結局、その会社は5年間勤めた後、結婚を機に退職しました。以後は、パートやアルバイト、派遣などで仕事をしていたこともあり、今でも、かっこよく名刺交換できるキャリアウーマンには憧れを抱いていたりする私です。

 

 

スムーズな自己紹介

さまざまな使い方が考えられるおやこ名刺ですが、使い方を考えてみると、いろいろな方法が出てきます。単に名前を覚えてもらうということでは、そのまま渡してみるということがポイントになってくるでしょう。お子さんの名前とともに、自分の名前を話すことで、苗字も一緒に覚えてもらいやすくなります。

実際に○○ちゃんのお母さんといった覚えられ方が一般的になっていく中、正式に名前を名乗るということも、マナーとして考えていかなければいけないことです。ですが、非常に人数の多い中で覚えてもらうということは、簡単なことではないでしょう。そんな時だからこそ、おやこ名刺は役立つものになっていきます。

名刺入れ実際に初対面の時でも、子供たちはあっという間に仲良くなっていくでしょう。ですが、大人はそうは簡単に生きません。その時に、おやこ名刺があれば、タイミングも作りやすくなりますし、名刺として残ることによって、あとから連絡も取りやすくなっていきます。逆にいただくことも出てくることを考えると、事前に用意しておくということは、現代的なマナーであるともいえるでしょう。その時には、スムーズに受け渡しもできるように、名刺入れも用意しておくことが大切です。

 

名刺の持つ機能と諸国への広がり。

名刺とはビジネスシーンにおいて自己紹介の一つの手段として好感されたり、ビジネスマナーのためにお互いに交換されるものです。一般的に、名刺を交換するに際してはその人の所属する組織については知り得ている場合が多いことから、担当者である人の氏名を強調して、所属組織名とその部署については合わせて記載されるようなものが多くなっています。

最近では名刺に趣向を凝らして、取引先などに早く担当者としての存在の認知を図るべく、顔写真入りのものや、読みにくい名前にはルビを振るなどしたケースも見受けられます。また、近年のパソコンの各職場への導入により、メールでのやり取りが増加していることから、メールアドレスを記載している場合が多くなってきています。 名刺交換は我が国をはじめとする東アジア諸国圏では習慣化しており、東南アジア諸国においても華人の影響から一般的でしたが、これらの地域とのビジネスが増加するにつれ、欧米諸国においても名刺の交換が広がりつつあります。

 

一度渡した名刺を取り返すと相手に好ましくない印象を抱かせます

名刺は、顧客や取引先の担当者など交渉相手に自分のことを印象づけ、理解していただくきっかけとして渡すものです。特に営業職の人にとっては、必要に応じてすぐに連絡をいただけるようにする貴重なツールです。そのため、一度相手にお渡ししたものを取り返しますと、印象が悪くなりやすいです。 私がお会いしたある訪問販売員の男性は、どんなにお断り申し上げても玄関先に何時間も居座り続けた挙げ句、次第にセールスに恫喝が加わり始めました。やむなく、男性に恫喝行為が違法であることを指摘し、目の前で警察に通報したところ、セールスに使った書類を名刺も含めてすべて返してくれと言い出し、手渡したところようやく出て行きました。 その後しばらくして同じ会社の別の訪問販売員が訪ねてきたことがありますが、同様のセールスを始めたので迷惑を被った時のことを詳細に説明してお断りしたところ、やはり帰り際にすべての書類を取り返していました。

どちらの訪問販売員も、自分の営業が法に触れることを充分理解しており、それ故に我が家を訪れた痕跡を残したくなかったのでしょう。 これは極端なケースですし、経費削減のためなどの事情があって返してもらう方もおられるかと思います。そうした事情により返却を希望する場合、相手に好ましくない印象を抱かせないためにも、きちんとその旨を説明し、納得していただくべきでしょう。

おやこ名刺を活用する

名刺にはさまざまな使い方がありますが、そのひとつにおやこ名刺という方法が出てきました。ママ名刺といった呼ばれ方もしてきましたが、コミュニケーションを円滑にとっていくために作られるものです。親の名前を覚えてもらうということだけではなく、どの子の親なのかということが、連名にすることによって覚えてもらいやすくすることができるものです。便利グッズのひとつとして利用されるようになってきました。

名刺の作り方としては、いろいろな方法があります。おやこ名刺などでは、非常に手軽に作る方法として、自宅で印刷してしまう方法もあるでしょう。ですが、綺麗に作れるかどうかは別問題です。プリンターの性能ということがかかわってくることになりますが、デザインということも問題になってくるでしょう。せっかく活用を考えているおやこ名刺であるのにもかかわらず、デザインなど基礎的なところで失敗してしまっては、意味がなくなってしまうでしょう。

名刺現在は、名刺作成業者でさまざまなものが作れるようになっています。多くの選択肢がある中から、素晴らしいデザインを見つけることで対応が簡単にできるようになりました。表現の自由度ということを考えても、デザインは一般の名詞とも異なっていきます。まとまったものを作るということを考えるとしても、専門の業者に依頼するということがポイントです

優れた出来栄えであるということでは、さまざまな利用価値があるのがおやこ名刺ですので活用方法も考えてみることが大切です。

参考業者→名刺作成

 

名刺制作は印刷屋さんで頼む

僕は自営業をしています。なので名刺などは自分で作らないといけません。余り名刺を配る機会は少ないのですが、持っていて損をする事はないです。最初の頃はお金もなかったのでパソコンで名刺を作りそれを利用していましたが、名刺交換をする度に相手先の素敵な名刺と比べかなり見劣りをしている事に気づきました。遊びで使う物なら自宅のプリンターでも構わないですが、やはり仕事関係となるとそう言うわけにいかなくて、専門の業者さんに頼む事にしました。

しかし、印刷屋さんに知り合いがいるわけでもなく何処に注文をしていいのかわからず時間だけが過ぎていき、友人などに相談したりしました。丁度取引先に印刷屋さんがいると聞いたのでそこでお願いをしました。出来あがってきた物は素人が作る物とは違いとても素敵な名刺でした。注文して良かったと思います。最近ではインターネットでも注文を受けてくれる印刷屋さんもあるので便利な世の中になったと思います・今後も名刺は印刷会社にお願いをしてビシッとしていこうと思います。

 

御当地ゆるキャラの形をした名刺をいただきました

本日、我が社に来客がありました。その方たちは4名で来られました。私も名刺交換をしたのですが、4名のうち1名からいただいた名刺が、その方が住んでいる御当地のゆるキャラの形をした名刺だったので、そのゆるキャラの話でしばらく盛り上がりました。最近では、そのゆるキャラは全国的にも有名になっていて、かなりのインパクトがあります。私が住んでいる自治体には、ゆるキャラがありませんからとてもうらやましいと思います。

そのゆるキャラの名刺を渡された人は、誰もがその名刺を渡してくれた人のことをいつまでも覚えているに違いありません。そう考えると、とても良いアイデアだと思います。私も以前から、特徴のある名刺を作りたいと思っていたところなので、このゆるキャラの名刺はとても参考になりました。ただ、若いうちならば良いのですが、私のように五十路に近い男性が、ゆるキャラの名刺を持っていたりすると、相手から引かれてしまうかも知れません。