話しのつかみにも

名刺おやこ名刺を使う機会としては、さまざまな場面が考えられます。自己紹介ということが重要になってきますが、住所を教えたいというときにも、利用することができるでしょう。おやこ名刺を渡すだけで、住所とともに連絡方法もわかりますし、メールアドレスなども教えることができます。いちいちメモを取って話をしていたことが、これだけで終わるのですから、とても大きなツールになってくれます。

こども同士が仲良かったとしても、親が誰なのかよくわからないこともよくあるはずです。そういったきっかけにもつながってくるのですから、大きな役割を果たしてくれます。SNSなどは一般的になりましたが、どうやって検索するのか、その方法から問題になってしまうことも出てきます。そんな時でも、おやこ名刺があれば、細かなところまで伝えていくことができるでしょう。話も盛り上がるきっかけにすることができるのですから、デザインなども考えておくことがポイントです。話のつかみということでは、ビジネスでも親御さんの間でも、名刺は大事な橋渡しになってくれます。

便利なだけに、渡すときにはTPOを考えるということも必要です。だれもが持っているものではありませんし、ビジネスの場ではそぐわないデザインにもなることがありますので、雰囲気を見て使っていきましょう。

Pocket