おやこ名刺を活用する

名刺にはさまざまな使い方がありますが、そのひとつにおやこ名刺という方法が出てきました。ママ名刺といった呼ばれ方もしてきましたが、コミュニケーションを円滑にとっていくために作られるものです。親の名前を覚えてもらうということだけではなく、どの子の親なのかということが、連名にすることによって覚えてもらいやすくすることができるものです。便利グッズのひとつとして利用されるようになってきました。

名刺の作り方としては、いろいろな方法があります。おやこ名刺などでは、非常に手軽に作る方法として、自宅で印刷してしまう方法もあるでしょう。ですが、綺麗に作れるかどうかは別問題です。プリンターの性能ということがかかわってくることになりますが、デザインということも問題になってくるでしょう。せっかく活用を考えているおやこ名刺であるのにもかかわらず、デザインなど基礎的なところで失敗してしまっては、意味がなくなってしまうでしょう。

名刺現在は、名刺作成業者でさまざまなものが作れるようになっています。多くの選択肢がある中から、素晴らしいデザインを見つけることで対応が簡単にできるようになりました。表現の自由度ということを考えても、デザインは一般の名詞とも異なっていきます。まとまったものを作るということを考えるとしても、専門の業者に依頼するということがポイントです

優れた出来栄えであるということでは、さまざまな利用価値があるのがおやこ名刺ですので活用方法も考えてみることが大切です。

参考業者→名刺作成

 

名刺制作は印刷屋さんで頼む

僕は自営業をしています。なので名刺などは自分で作らないといけません。余り名刺を配る機会は少ないのですが、持っていて損をする事はないです。最初の頃はお金もなかったのでパソコンで名刺を作りそれを利用していましたが、名刺交換をする度に相手先の素敵な名刺と比べかなり見劣りをしている事に気づきました。遊びで使う物なら自宅のプリンターでも構わないですが、やはり仕事関係となるとそう言うわけにいかなくて、専門の業者さんに頼む事にしました。

しかし、印刷屋さんに知り合いがいるわけでもなく何処に注文をしていいのかわからず時間だけが過ぎていき、友人などに相談したりしました。丁度取引先に印刷屋さんがいると聞いたのでそこでお願いをしました。出来あがってきた物は素人が作る物とは違いとても素敵な名刺でした。注文して良かったと思います。最近ではインターネットでも注文を受けてくれる印刷屋さんもあるので便利な世の中になったと思います・今後も名刺は印刷会社にお願いをしてビシッとしていこうと思います。

 

御当地ゆるキャラの形をした名刺をいただきました

本日、我が社に来客がありました。その方たちは4名で来られました。私も名刺交換をしたのですが、4名のうち1名からいただいた名刺が、その方が住んでいる御当地のゆるキャラの形をした名刺だったので、そのゆるキャラの話でしばらく盛り上がりました。最近では、そのゆるキャラは全国的にも有名になっていて、かなりのインパクトがあります。私が住んでいる自治体には、ゆるキャラがありませんからとてもうらやましいと思います。

そのゆるキャラの名刺を渡された人は、誰もがその名刺を渡してくれた人のことをいつまでも覚えているに違いありません。そう考えると、とても良いアイデアだと思います。私も以前から、特徴のある名刺を作りたいと思っていたところなので、このゆるキャラの名刺はとても参考になりました。ただ、若いうちならば良いのですが、私のように五十路に近い男性が、ゆるキャラの名刺を持っていたりすると、相手から引かれてしまうかも知れません。

 

 

 

 

Pocket